So-net無料ブログ作成

フィーリング [英語]

****************************
よく「翻訳は、単語や専門用語を暗記しないといけないんですよね?」
というご質問をいただきます。
確かに暗記している単語や専門用語が多いに
越したことはありません。

ただし、翻訳の場合は、通訳と違って・・・

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

  気になる方は、是非見にきてね!
****************************

みなさん、こんばんわ。

今回は、「感覚」を表す言葉をいろいろ紹介したいと思います!


まずは、“feeling”。

これはf“eel”(感じる)の名詞形で、

「感覚」を表わす一般的な単語です。

日本語でもフィーリングが合うなんていいますよね。


また、“feel”に“er”をつけて、“feeler”にすると、

触覚という意味になります。

たとえば、“He sends out feelers.” と言うと、

「彼は触角を伸ばしている」、

つまり、「彼は(アンテナを広げて)、情報を集めようとしている」、

ということになります。


この「感覚」のなかに含まれる「情」の度合いが大きくなると、

“emotion”(感情)となり、やがて、

“passion”(理性や判断がちょっと効かなくなった激情)へと

発展するワケなです。特に酒を飲んだときなんか。



また、類似の言葉として、“sentiment”(情緒的感覚)を

使うとしっくりする場合もあります。

たとえば、
“They have hostile sentiments toward Japanese. ”

(彼らは、日本人に敵意を抱いている)。


また、悲しい映画などを見て、すぐに涙ぐむ人は、

“sentimental”(多感な)だと言われます。



そうそう、“sense”という言葉もありますね。

これは、感覚、意識、(日本人が使う)センスなどを

意味する幅広い言葉です。

また、“make sense”は、

「意味がある、理解できる」という意味です。



理解できました?



今日は、そろそろこのへんで。

また次回をお楽しみに。






↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm


↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm


翻訳は、暗記しないといけない? [英語]

よく「翻訳は、単語や専門用語を暗記しないといけないんですよね?」

というご質問をいただきます。

確かに暗記している単語や専門用語が多いに

越したことはありません。




ただし、翻訳の場合は、通訳と違って・・・




****************************

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓



  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm



  気になる方は、是非見にきてね!

==================



■「英語の学習経験はあるけど基礎力に自信がない」

■「基礎学習には、あまりお金をかけたくない」

■「自分で基礎力をつけようと思ってもう何年もたつ」

 

 ↓ ↓  そんなあなたに超オススメ ↓ ↓




http://www.ica-net.com/page/09.9fandamental.pdf


===================




↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm




↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm




“wait”の「待つ」以外の意味は? [英語]

****************************

よく、「機械で翻訳できるようになったら

翻訳の仕事はなくなるから、

これから勉強しても何もならない」

と言う方がいらっしゃいます。

率直に言えば、機械だけで完璧に翻訳ができる時代は、

おそらく来ないと思われます。
ただし、マニュアルのように同じ用語や、



同じ言い回しが繰り返して登場するような

翻訳文に関しては、利用価値があるかもしれません。

しかし、表現にバリエーションが必要な・・・




↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm




  気になる方は、是非見にきてね!

****************************

みなさん、こんばんわ。



今日は、“wait”を取り上げてみたいと思います。





皆さんもよくご存知の訳に

“wait for~”で「~を待つ」があると思います。




しかし、この“wait”には他にもいろんな使い方(訳し方)

があるので、ここで馴染みやすい訳を一つ紹介しておきますね。


まず、レストランなどの店員さんをなんと呼ぶか

思い浮かべてみてくださ




男性だったら「ウェイター」、

女性だったら「ウェイトレス」ですね。




この「ウェイター」「ウェイトレス」は

“wait”には「仕える、給仕する」という意味もあることから、


派生しているものなのです。




また、「仕える、給仕する」という意味で

使用する場合は“wait on~”となります。




それでは、今日はこのへんで。

また次回をお楽しみに!


===================

****************************

よく、「機械で翻訳できるようになったら

翻訳の仕事はなくなるから、

これから勉強しても何もならない」

と言う方がいらっしゃいます。

率直に言えば、機械だけで完璧に翻訳ができる時代は、

おそらく来ないと思われます。


ただし、マニュアルのように同じ用語や、

同じ言い回しが繰り返して登場するような

翻訳文に関しては、利用価値があるかもしれません。

しかし、表現にバリエーションが必要な・・・




↓この続きはこちら ↓ 

http://www.ica-net.com/page/gokai.htm


気になる方は、是非見にきてね!

****************************









↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/



【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/



【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm





↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html



↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html



↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm

機械翻訳が増えたら、翻訳家は必要なくなる?

よく、「機械で翻訳できるようになったら

翻訳の仕事はなくなるから、

これから勉強しても何もならない」

と言う方がいらっしゃいます。

率直に言えば、機械だけで完璧に翻訳ができる時代は、

おそらく来ないと思われます。


ただし、マニュアルのように同じ用語や、

同じ言い回しが繰り返して登場するような

翻訳文に関しては、利用価値があるかもしれません。

しかし、表現にバリエーションが必要な・・・



****************************

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

  気になる方は、是非見にきてね!

==================

■「英語の学習経験はあるけど基礎力に自信がない」

■「基礎学習には、あまりお金をかけたくない」

■「自分で基礎力をつけようと思ってもう何年もたつ」


 ↓ ↓  そんなあなたに超オススメ ↓ ↓


http://www.ica-net.com/page/09.9fandamental.pdf

==================


↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm


↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm




“shake hands” って? [英語]

=====================
翻訳の仕事をするには、首都圏に住んでないとダメ?
 

現在、翻訳のお仕事はe-mailやFAXで

やり取りされるケースがほとんどです。


そのため、当社のように福岡で

翻訳会社を運営していても・・・・


↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

 http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

 気になる方は、是非見にきてくださいね!
=====================

みなさん、こんばんわ。

さて、今回は“shake”について取り上げてみます。


“shake”は、もともと「揺れる、震える」って意味があります。

“shake hands”は、2人の人が手をとりあって揺さぶる様子から、
「握手」という意味になります。

ここで注意しなくてはいけないのは“hand”に
“s”をつけるのを忘れてはいけないということです。

握手した手は合計2本あるはずだから。
“Let’s shake and be friends.”で「握手して仲直りしよう」

という表現もあります。

この場合には、“friend”に“s” をつけるのを忘れないこと。

友人関係ができるには、
最低2人以上の人間が必要ですから。

論理的ですね、英語って。

=====================

翻訳の仕事をするには、首都圏に住んでないとダメ?
 
現在、翻訳のお仕事はe-mailやFAXで
やり取りされるケースがほとんどです。

そのため、当社のように福岡で
翻訳会社を運営していても・・・・


↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

  気になる方は、是非見にきてくださいね!

=====================

↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm


↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm


“Let it be”ってどんな意味?

翻訳の仕事って、「小説」や「映画の字幕」?

 一般に、翻訳の仕事というと
「小説」や「映画の字幕」を思い浮かべる方が多いようです。
「翻訳者○○○○」と翻訳者名が
明記されているからでしょうか?

これらは「メディア翻訳」などと呼ばれています。 

実際には、こうしたメディア翻訳のシェアは、
翻訳市場の1~2割程度といわれています。

では、残りの8~9割はというと、
実は、「実務翻訳」と呼ばれる、主に・・・・

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

 http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

 気になる方は、是非見にきてくださいね!
=====================

みなさん、こんにちは。

今日は、“be”を使った表現を取り上げたいと思います。


“Be”っていうと、例えば、ターミネータのシュワちゃんが発した、

I’ll be back!(またくるぜ!)のフレーズのように

文の途中に来るときが多いですね。

しかし、文の最初に来るときもあります。
そのときは、文法的には、命令文となります。

まず、Be careful!「注意しなさい」ってのがポピュラー(?)。
Be quiet!「静かに!」。Be here.「ここにいて」。

Be a good boy(girl).「いい子にしててね」。

Be a man! 「男らしくしなさい!」。


でもbeといえばなんと言っても、

ビートルズの“Let it be”(レット・イット・ビー)が有名ですね。

私がビートルズを知ったのは、すでにジョンが亡くなったあとですが、

若い世代でもビートルズを知らない人はあまりいないでしょう。


“Let it be”だって、聞いたことある方のほうが多いと思います。


さて、よく聴くこの“Let it be”ってどんな意味でしょうか?


  ↓



  ↓



  ↓



  ↓


正解は・・・

「なるようになるさ」です!

それでは、また次回をお楽しみに!

=====================

翻訳の仕事って、「小説」や「映画の字幕」?

 一般に、翻訳の仕事というと
「小説」や「映画の字幕」を思い浮かべる方が多いようです。
「翻訳者○○○○」と翻訳者名が
明記されているからでしょうか?

これらは「メディア翻訳」などと呼ばれています。 

実際には、こうしたメディア翻訳のシェアは、
翻訳市場の1~2割程度といわれています。

では、残りの8~9割はというと、
実は、「実務翻訳」と呼ばれる、主に・・・・

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓

  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

  気になる方は、是非見にきてくださいね!
=====================

↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm


↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm

翻訳の仕事、5つの誤解② 翻訳の仕事って、「小説」や「映画の字幕」? [英語]

翻訳の仕事って、「小説」や「映画の字幕」

 一般に、翻訳の仕事というと

「小説」や「映画の字幕」を思い浮かべる方が多いようです。

 「翻訳者○○○○」と翻訳者名が

明記されているからでしょうか?




これらは「メディア翻訳」などと呼ばれています。 




実際には、こうしたメディア翻訳のシェアは、

翻訳市場の1~2割程度といわれています。


では、残りの8~9割はというと、

実は、「実務翻訳」と呼ばれる、主に・・・・




****************************

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓




  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm




  気になる方は、是非見にきてね!


==================

■「英語の学習経験はあるけど基礎力に自信がない」

■「基礎学習には、あまりお金をかけたくない」

■「自分で基礎力をつけようと思ってもう何年もたつ」

 

 ↓ ↓  そんなあなたに超オススメ ↓ ↓




http://www.ica-net.com/page/09.9fandamental.pdf


===================

↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm



↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html




↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm


“together”=○○ + △△ 

=====================

英検1級じゃないと翻訳家にはなれない?!




資格や海外経験があるに越したことはありません。
しかし、それがすべてではありません。

なぜなら、翻訳は・・・・・

↓ 続きはこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

「翻訳の仕事、5つの誤解」

=====================



みなさん、こんばんわ。



今回は、英文の頻出単語の一つ

“give”を取り上げて見たいと思います。



giveは、

①give物to人か、

②give人、物、

のどちらかの用法で、

「人に物をあげる」という表現を作ります。



この2つのパターンは、覚えておいて下さいね。



バレンタインデーやクリスマス、そして誕生日なんかの時に

使える表現ですからね!



ちなみに、こんな感じで使います。



「彼女は,ボクにチョコレートを1枚くれた」という英文を作りたい場合は、
① She gave a piece of chocolate to me.
② She gave me a piece of chocolate.

となります。



また、giveには、「物をあげる」だけではなく

「~してあげる」という意味もあります。



たとえば、
“She gave me a hug.”(彼女は、ボクを抱きしめてくれた)。
なんてね。




それでは、今日はこの辺で。

また次回をお楽しみに!



=====================

英検1級じゃないと翻訳家にはなれない?!




資格や海外経験があるに越したことはありません。
しかし、それがすべてではありません。

なぜなら、翻訳は・・・・・

↓ 続きはこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

「翻訳の仕事、5つの誤解」

=====================




↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm



↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html




↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm


“give”の使い方 [英語]

=====================
英検1級じゃないと翻訳家にはなれない?!

資格や海外経験があるに越したことはありません。
しかし、それがすべてではありません。

なぜなら、翻訳は・・・・・

↓ 続きはこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

「翻訳の仕事、5つの誤解」

=====================

みなさん、こんばんわ。


今回は、英文の頻出単語の一つ

“give”を取り上げて見たいと思います。



giveは、

①give物to人か、

②give人、物、

のどちらかの用法で、

「人に物をあげる」という表現を作ります。



この2つのパターンは、覚えておいて下さいね。



バレンタインデーやクリスマス、そして誕生日なんかの時に

使える表現ですからね!



ちなみに、こんな感じで使います。



「彼女は,ボクにチョコレートを1枚くれた」という英文を作りたい場合は、
① She gave a piece of chocolate to me.
② She gave me a piece of chocolate.

となります。



また、giveには、「物をあげる」だけではなく

「~してあげる」という意味もあります。



たとえば、
“She gave me a hug.”(彼女は、ボクを抱きしめてくれた)。
なんてね。




それでは、今日はこの辺で。

また次回をお楽しみに!



=====================
英検1級じゃないと翻訳家にはなれない?!

資格や海外経験があるに越したことはありません。
しかし、それがすべてではありません。

なぜなら、翻訳は・・・・・

↓ 続きはこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

「翻訳の仕事、5つの誤解」

=====================

↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm


↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm


翻訳の仕事、5つの誤解! [英語]

英検1級じゃないと翻訳家にはなれない?



確かに翻訳学習関係の雑誌には、

高学歴で英検1級、TOEIC900点台の方

の記事が載っていたりします。



帰国子女の方や留学経験を持っている・・

などという記述が目立ちますね。




もちろん、資格や海外経験があるに越したことはありません。



しかし、それがすべてではありません。



なぜなら、翻訳は・・・・


****************************

↓ この続きは、こちらでご覧になれます。 ↓


  http://www.ica-net.com/page/gokai.htm

  気になる方は、是非見にきてね!



==================

■「英語の学習経験はあるけど基礎力に自信がない」

■「基礎学習には、あまりお金をかけたくない」

■「自分で基礎力をつけようと思ってもう何年もたつ」


 ↓ ↓  そんなあなたに超オススメ ↓ ↓


http://www.ica-net.com/page/09.9fandamental.pdf


===================

↓↓ ホームページはこちら ↓↓
http://www.ica-net.com/


【ビジネス翻訳実践講座】開講!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/


【医学翻訳講座】も開講中!

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓

http://www.ica-net.com/page/igakukouza.htm




↓翻訳ガイダンスはこちら ↓

http://www.ica-net.com/setsumeikai.html


↓資料請求はこちら↓

http://www.ica-net.com/page/seikyuform.html


↓無料翻訳診断はこちら ↓

http://www.ica-net.com/page/sindan.htm




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。